センター英語解く得!

センター英語の過去問+詳しい解説のページです

MENU

suit / match「似合う」に関する表現をまとめてみた 動詞の使い分け02

f:id:center-tokutoku:20180802113016p:plain


ワニくんスーツ似合ってるね。

今回は「似合う」に関する表現をまとめてみました。

特に大事なのはsuitとmatchの使い分けです。

[ 1. 似合うに関する表現 (2択,3択) ]

(1) Her white dress [ suited / matched ] her very much.

(2) The necktie doesn’t [ suit / match ] your suit at all.

(3) The shoes [ suit / match / go with ] her read skirt.


[ 2. 関連表現 和訳 ]

(1) Such conduct doesn't become a gentleman.

(2) These gloves fit me very well.

[ 3. 似合うに関する表現-解答 ]

[ 1. 似合うに関する表現 (2択,3択) ]

(1) Her white dress [ suited / matched ] her very much.

(2) The necktie doesn’t [ suit / match ] your suit at all.

(3) The shoes [ suit / match / go with ] her read skirt.

 

[ 2. 関連表現 和訳 ]

(1) Such conduct doesn't become a gentleman.
そのような行為は紳士にはふさわしくない

(2) These gloves fit me very well.
この手袋は私にぴったりだ.

 

[ 4. 似合うの関する表現-解説 ]

[ 1. 似合うに関する表現 (2択) ]

絶対に覚えてほしいのは「~似合う」という意味のsuitとmatchの使い分けです。

物 suit 
物 match 物

suit
はスーツが日本語になっていますが、名詞だと「一揃」とか「一式」という意味です。動詞だと一揃だから「似合う」ということですね。

suitの目的語は人です。物 suit 人という形を取ります。

一方でmatchはある物が別の物に合うということです。日本語でも「マッチする」を言うことがありますね。物 match 物 という形をとります。

(1) Her white dress [ suited / matched ] her very much.
(2) The necktie doesn’t [ suit / match ] your suit at all.

ここが必ず覚えて欲しいところですが、ここから少し細かい話をします。(応用です)

物が物に似合うはgo withという表現もあります。go with = match と教える本もありますが、実際には少し違いがあります。

matchは「セット物」に使いgo with は「セットでない物」に使います。

(2) The necktie doesn’t [ suit / match ] your suit at all.

(3) The shoes [ suit / match / go with ] her read skirt.

例えば(2)のようなネクタイとスーツはセット物なので、matchを使い、(3)のような靴とスカートはセット物ではないのでgo withを使います。

ただセット物の定義は簡単ではありません。なのでここまで問われる事は稀ですが、覚えておいて損はありません。

ところで入試ではなぜかあまり問われないのですが、口語で「似合う」というと、以下の使い方が普通です。

[人] look good in [服・色]

[人]は[服・色]が似合う

[服・色] look good on [人]

[人]は[服・色]が似合う

You look good in blue / blue clothes.
君は青い服が似合うね。

Blue looks good on you.
青は君に似合うね。

ちなみに自分が大好きなイギリスのバンド、アークティック・モンキーズのデビュー曲は"I Bet You Look Good On The Dancefloor" です。

www.youtube.comき

君はダンスフロアが似合うね、君はダンスフロアだとイカして見えるね。みたいな感じでしょうか?

 

[ 2. 関連表現 和訳 ]


becomeに関しては以下の違いを述べよ的な事を習ったことはありますか?一昔前は定番ネタだったのですが。

①He became a doctor.


②The shirt becomes him.

①はよいとして、②はシャツが彼になる訳ないし、「えっ」という感じですが、実はbecomeはsuitと同じく物が人に「似合う」という意味があります

(2) The shirt becomes him.
そのシャツは彼に似合います。

しかしこの言い方は古くて、現在ではあまり使われません。しかし、(1)のように「ふさわしい」という意味になるbecomeは今でも普通に使われるので要注意です。

(1) Such conduct doesn't become a gentleman.
そのような行為は紳士にはふさわしくない

 

そして、合うということから、suit / match とセットで教わることも多い fit ですが、これは合うは合うでも「大きさが合う」ということなので全然違います。


(2) These gloves fit me very well.
この手袋は私にぴったりだ.



さて、今回はいかがだったでしょうか?最低限suit と match の区別は絶対に覚えておきましょうね。その他の話もちょくちょく入試で出題されますよ。

 

f:id:center-tokutoku:20180113112002j:plain

ベテラン家庭教師集団チューターズ・ユナイテッド

 


このページを読んで参考になった方は応援クリックよろしくお願いします。