センター英語解く得!

センター英語の過去問+詳しい解説のページです

MENU

2016年度 センター英語第2問C 会話完成 問題&解説

 

f:id:center-tokutoku:20171223115910p:plain

1. 2016年度 センター英語第2問C 会話完成 問題

C 次の問い(問1~3)の会話において、二人目の発言が最も適当な応答となるように文を作るには、それぞれ(A)と(B)をどのように選んで組み合わせれば良いか。

問1
Maika: How about having a campfire on the last night of summer camp?
Naomi: It’s been very dry recently, so [          ]

[ (A)I don’t think / (B)I suppose ]
[ (A)our teachers will allow / (B)our teachers won’t agree ]
[ (A)us lighting a fire. / (B)us to light a fire. ]


問2
George: Sometimes I feel that I am not a very good musician.
Robin: Come on! [          ]

[ (A)No one is / (B)You are ]
[ (A)more talented / (B)the most talented ]
[ (A)in all the other people. / (B)than you. ]


問3
Paul: You know, Yoko, there’s really nothing more I can teach our son on the piano. He plays better than I do now.
Yoko: Well, maybe we [          ]

[ (A)should get / (B)should take ]
[ (A)anyone else / (B)someone else ]
[ (A)teach him. / (B)to teach him. ]

2. 2016年度 センター英語第2問C 会話完成 解説

問1
Maika: How about having a campfire on the last night of summer camp?
Naomi: It’s been very dry recently, so [          ]
[ (A)I don’t think /  (B)I suppose ]
[ (A)our teachers will allow / (B)our teachers won’t agree ]
[ (A)us lighting a fire. / (B)us to light a fire. ]

[ 考え方 ]
☆ダメな組み合わせを見つける→消去法で解答が1つに決まる
①最初の組み合わせ⇒ (A)も(B)も可能性あり
②2つ目の組み合わせ⇒ allow と agreeに着目。
-allow O to V 「OがVすることを許す」
-agree to V 「Vすることに同意する」
agree O to VはNG! (他人がすることには同意できない)

③3つ目組み合わせ
・何れもOがあるので、②はOを取れる(A)に決定。
・allowに決まれば③は(B)に決定
①先生は火をつけることは「許さない」はずだから①は(A)に決定
・don't think that ~ 「~でないと思う」

[ 解答 ]
(A)→(A)→(B)
I don’t think our teachers will allow us to light a fire.
先生は私達が火を付けることを許してくれないと思う。

問2
George: Sometimes I feel that I am not a very good musician.
Robin: Come on! [          ]
[ (A)No one is / (B)You are ]
[ (A)more talented  / (B)the most talented ]
[ (A)in all the other people. / (B)than you. ]

[ 考え方 ]
☆考えられる組み合わては以下の2通り
-You are the most talented in all the other people.
-No one is more talented than you.
・しかし、前者は「あたなたは他の全ての人の中で一番才能がある」→「他の」が不要

[ 解答 ]
(A)→(A)→(B)
No one is more talented than you.
あなたより才能のある人はいない。

問3
Paul: You know, Yoko, there’s really nothing more I can teach our son on the piano. He plays better than I do now.
Yoko: Well, maybe we [          ]
[ (A)should get / (B)should take ]
[ (A)anyone else / (B)someone else ]
[ (A)teach him. / (B)to teach him. ]

[ 考え方 ]
☆3つ目の組み合わせに注目。
(A)は原形不定詞になっている。
しかしgetもtakeも原形不定詞は取らないので(A)は間違いであることが分かる。
③は(B)に決定
①1つの目の組み合わせ
・get O to V 「OにVしてもらう」
・take O to V という形はない
従って①は(A)に決定
②2つの目の組み合わせ
・someone 「誰か」 anyone 「どんな人でも」
ここでは「どんな人でも良い」のは不適切
従って②は(B)に決定

[ 解答 ]
(A)→(B)→(B)
Well, maybe we should get someone else to teach him.
そうね、他の誰かに彼を教えてもらうべきかもしれないわ。



このページを読んで参考になった方は応援クリックよろしくお願いします。